パソコンの前に満足する女性

サイト運営を行う上で、注意すべきことのひとつにGoogleペナルティが挙げられます。ペナルティを受けた場合検索順位の急落やインデックスの削除など、トラフィックの減少を招く罰則が科されるため、ペナルティを受けないサイト作りへの意識が必要です。

Googleはサイト運営者に向けて、サイト作りの指針であるGoogleウェブマスター向けガイドラインを公開しています。Googleウェブマスター向けガイドラインは、一般的なガイドラインと品質に関するガイドラインの2つの項目から構成されており、一般的なガイドラインには検索ユーザーの利便性が高いサイトや、検索エンジンに評価されやすいサイトを構築するために必要な項目がまとめられています。一方品質に関するガイドラインに記載されている内容は、Googleが禁止する偽装行為や不正行為です。

この品質に関するガイドラインに記されている行為があるサイトに対して、Googleはペナルティを科すことがあります。具体的には、自動生成されたコンテンツやコピーコンテンツなどの低質なコンテンツを多く含んだサイトや、作為的に貼られた不自然な被リンクなどの外部要因などがペナルティ対象です。

ペナルティには手動ペナルティ自動ペナルティの2種類あり、科される内容が異なります。手動ペナルティはGoogleのスタッフが目視で各サイトの運営を確認した上で、ガイドライン違反していると判断した場合に科されるものです。ペナルティの内容は検索順位が圏外まで落されたり、インデックスが削除されるなどの非常に厳しい罰則となります。手動ペナルティを受けた場合、Googleからserch consoleにメッセージが届きます。ペナルティを解除してもらうには、serch consoleに届いたメッセージに記載されている違反箇所を修正した後に、再審査請求して審査に通過する必要があります。

一方自動ペナルティは、検索アルゴリズムが自動で違反を検出することによって与えられるペナルティです。順位降下などの罰則がありますが、手動ペナルティと比較すると軽い内容のペナルティとなります。しかし手動ペナルティとは異なり、自動ペナルティではメッセージが届くといったことは無く、再審査申請もできません。したがって、検索順位降下やトラフィックの減少が起きた場合でもペナルティを受けているのかを判断することができず、またその原因もはっきりとしないためサイト修正が難しいという特徴があります。

ペナルティを受けると検索圏外まで順位が落とされたり、インデックスが削除されるなど深刻な打撃を受けるため、作成するコンテンツの質を高めると共に被リンクなどの外部要因を見直すといったリスク軽減の対策をすることが重要です。