ライバルサイトと差をつける共起語の使い方

パソコンを使っている人

共起語とはあるキーワードに対して関連性が高く、一緒に使われることが多いワードを指します。例えばSEOをテーマにしたコンテンツに頻繁に現れる、キーワードや検索順位、マーケティングといったワードが該当します。

共起語の使用が検索順位に良い影響を及ぼすと言われることがありますが、共起語を多く含んでいるコンテンツが高品質であるとは断言できず、適切に使用しなければSEO的に逆効果となり検索順位を下げる要因にもなり得ます。共起語にはユーザーニーズを把握するためのヒントが詰め込まれているため、コンテンツ作りにおけるテーマ決定やリライトに活かすと効果的です。特に検索上位に表示されているサイトは、ユーザーが求める情報を適切に発信していると考えることができるため、競合サイトで使用されている共起語を調査することで、現在求められている情報がどのようなものなのかといったユーザーニーズのトレンドを知ることができます。

また、作成したコンテンツの検索順位が上がらない場合、コンテンツ内容が検索クエリに対する答えとして不十分である可能性があります。狙ったキーワードに関する共起語を調査することで、今まで気付かなかった新たなワードを掘り起こすこともできるため、自身のコンテンツに不足している要素を追加することが容易となります。テーマ決定やリライトの参考とするために共起語を調査する場合、共起語ツールを利用するのが一般的です。無料で公開されているツールも多いため、気軽に検索上位の競合サイトで使用されている共起語を抽出することができます。

最後に共起語を使用してコンテンツを作成する場合は、無理に文章に詰め込まないことがポイントです。ツールに頼り切りになって闇雲に共起語を使用すると文脈が不自然になり、非常に読みにくい文章となるばかりか、内容も曖昧となる危険性もあります。このようなユーザーの利便性が低いコンテンツは、Googleの評価を低下させる要因になるため、テーマに合わない場合や読みにくい文章となる場合には、共起語の使用を止めるという判断をすることも重要です。

共起語はコンテンツ作成やリライトの参考にすると効果的で、使用する場合はテーマに合致したものに絞って、自然な文脈となるように文章内に散りばめる必要があります。あくまで、共起語とはユーザーの利便性を向上させ、検索クエリに的確に答えるための補助的な役割であるという認識を持つことが重要です。