中古ドメインを使ってアフィリエイトサイトの初動を加速させる

パソコンを使用している人

アフィリエイトが目的でWEBサイトを開設するならば、中古ドメインを利用することも選択肢のひとつです。中古ドメインは第三者が過去に運用していたドメインが、期限切れを起こしたことにより市場に出回ったものを指しますが、中古のドメインを使用してサイト開設するメリットは、ドメインパワーがある程度備わった状態からサイト運用を開始できることです。これは、検索エンジンからの評価を高める要因である被リンクやインデックス数、ドメインエイジといった過去の運用歴を引き継ぐことができるという中古ドメインの特性が大きく関与しています。

中古ドメインはドメインパワーがある状態からスタートできるため、クローラーに発見されやすくインデックスのスピードが早いという特徴があります。また、被リンクやインデックスが残っている場合、クローラーの巡回経路が確保されているため、検索順位も付きやすくなるというメリットも生じます。

一方新規ドメインの場合、ドメインパワーがゼロからのスタートとなるためクローラーに認識されにくく、インデックスまでに時間がかかかり、検索順位も付きにくいというデメリットがあります。ドメインパワーを付けるにはある程度に期間が必要で、新規ドメインでは検索エンジンに正当に評価され、サイト運用が軌道に乗るまで数カ月程度を要すると言われていますが、中古のドメインを使用するとドメインを育てる期間を省略した状態からのスタートを切ることができます。

しかし、中古ドメインが引き継ぐ運用歴はプラスの評価だけではなく、ペナルティといったマイナスの評価も含まれるため、ドメイン選択は慎重に行わなければいけません。中古ドメインを入手するには自分で探すか、販売業者から購入する必要がありますが、自分で探すにはツールを駆使しながらペナルティを受けていないドメインを探し当てなければいけないため、難易度が高く初心者にはおすすめできません。一方で業者から購入する場合、インデックス数が多く、ドメインエイジが長いといったドメインパワーがあるものは高額となっているため、使用目的と予算を天秤にかけて選ぶことが必要です。

このように中古ドメインにはメリットとデメリットの両方の側面を持っているため目的を持って中古ドメインを利用することが重要となります。中古ドメインはリスクがあるため敬遠する方も多くいますが、サイト開設初期から成果を上げることが求められるアフィリエイトサイトを運営する場合は非常に効果的です。

サイト内検索
人気記事一覧