良質な被リンクを獲得してサイトパフォーマンスを上げる

スマホの画面にあるSNSアプリ

バックリンクとも呼ばれる被リンクは、検索アルゴリズムが検索順位を決定する要因の中でも特に重視される項目であるため、多くの被リンクを獲得することは高いSEO効果が期待できます。しかし、被リンクならば何でも良いというわけではなく、低品質なサイトからの被リンクはサイトの評価を下げる原因となるため注意が必要です。

低品質なサイトからの被リンクとは、プログラムによって自動生成されたコンテンツやコピーコンテンツを多く含んでいるサイトからの被リンクのことを指します。特にペンギンアップデートと呼ばれるアルゴリズムのアップデート後は、量よりも質が重要視されているため、このような低質なものが多く貼られているとサイトの評価を低下させるだけでなく、ペナルティを受けるリスクが増大してしまいます。

SEO効果が期待できる被リンクとは、ナチュラルリンクとも呼ばれるリンクですが、特に関連性の高い外部コンテンツからのリンクや信頼性の高いサイトからのリンクは効果的です。このようなリンクを獲得することが重要ですが、自分自身でコントロールできるものではありません。そのため、外部サイトの運営者がリンクを貼りたくなるような役に立つコンテンツを作りや、被リンクを獲得しやすい構造を構築しておくことが重要となります

ユーザーの役に立つコンテンツは、ユーザーが求める情報をわかりやすい文章で発信しているという特徴があるため、ユーザーの検索意図をしっかりと把握してコンテンツ作りをしなければいけません。また、文章の作り方も、見だしや改行、画像の挿入などユーザビリティにも注意を払って、読みやすくすることも効果的な方法です。

また、作成したコンテンツを拡散するために、SNSボタンを設置することも有効な手段のひとつです。SNSで宣伝することで、より多くのユーザーの目に触れる機会を増やし、コンテンツへのアクセス数を伸ばすことでナチュラルリンクを効率的に獲得することが可能となります。

さらに、外部サイトから被リンクを受ける場合、記事タイトルがアンカーテキストとなる場合が多いため、記事タイトルについても閲覧者が思わずクリックしたくなるようなキャッチーでわかりやすい文章にすることも重要です。

多くの良質な被リンク(バックリンク)を獲得するためには、ユーザビリティが高く、役に立つコンテンツ作りが欠かせません。被リンクが獲得できるようになると、閲覧者が増えることによりサイトの信頼性が向上し、検索順位の上位化が狙えます。そうなると、検索流入が増えて更なるリンクの獲得が期待できるといったようなサイクルが発生するようになります。

サイト内検索
人気記事一覧