記事がインデックスされないときに確認すること

グーグルの画面

作成した記事がインデックスされず検索結果に表示されなければ、仮に高品質でユーザーにとって価値のあるコンテンツであっても無意味となってしまいます。作成した記事がインデックスされない原因はいくつか挙げられますが、まずペナルティを受けていないか確認することが重要です。手動ペナルティによってインデックスが削除された場合、サーチコンソールにメッセージが届きます。ペナルティの解除には、指摘された問題箇所を修正した上で、再審査を通過することが必要です。

ペナルティ以外にも、robot.txtやcanonicalタグの記述に誤りがある場合にインデックスされないケースがあります。robot.txtは検索エンジンのクローラーに対して、クロールするページとクロールしないページを指示することができるファイルですが、ここにクロールしないように指示している可能性があります。またcanonicalタグはURLの正規化を行うために使用されるタグですが、コピペでファイルを作成した場合、意図せずにcanonical設定が行われてしまっていることがあるため、新しくページを作成するときは注意が必要です。

またインデックスされるためには、検索アルゴリズムのクローラーに巡回に来てもらう必要がありますが、クローラーが巡回しにくいクローラビリティの低いサイト構成となっている場合、クローラーが記事を認識できずにインデックスされないケースがあります。そのため内部リンクを充実させるなどの対策をして、クローラビリティの高いサイト構成にすることが必要です。

クローラーにインデックスされやすくするには、XMLサイトマップやFetch as Googleを活用することも有効な方法です。XMLサイトマップは、サイト内にある各ページのURLや優先度などを記したXML形式のファイルで、クローラーのサイト内巡回を補助する役割を担います。特に新しく公開したページや、深い階層にあるページをインデックスしてもらう際に有効な手法です。また、サーチコンソールにはFetch as Googleという機能が備わっており、クローラーに対してインデックス登録を促すことができます。しかし、Fetch as Googleはインデックスのリクエストであるため、確実にインデックスされる保証はなく、コンテンツの質が低い場合などはインデックスされないこともあります。

作成したコンテンツがインデックスされやすくするには、コンテンツの質を高めることや、最適なサイト構造にすることで、クローラーが頻繁に巡回に来るようにする必要があります。